腰痛とは

腰痛とは、人が2本足で「直立歩行」をするために起こった「宿命的な症状」であると言われています。人が2本足で歩くためには、上半身の重みを腰で支えながら、体の中心で柱の役割をしている脊椎やその周辺に、大きな負担をかけているのです。大部分の腰痛はこれが原因となっています。他に、婦人科や泌尿器科など内臓の病気で腰痛を起こすことがあります。臓器からの関連痛として生じるものです。また、心因性の痛みとして、検査しても異常がない頑固な痛みを起こすものもあります。

 

東洋医学での腰痛施術

※ 当施術の効果には、個人差があります。

鍼は血行を改善して筋肉の緊張を緩めます。これによって腰の痛みやコリを和らげていくことができます。さらに免疫力を挙げて自律神経を整えるため、内臓の 働きが正常になり、ストレスにも効果があります。WHO(世界保健機関)では腰痛を含めた49の疾患を鍼の適応疾患と挙げています。
お灸は体を温め血行を盛んにし、老廃物の循環をスムーズにさせます。そして体が温まると人のもつ自然治癒力が高まり腰痛の原因を改善していきます。また、 お灸の熱は体にしっかり浸透していくので関節の痛みにも効果的です。近年では、お灸をすることによって白血球の数が増えるということが科学的にも証明され ています。白血球が増えることで自己免疫力が高まり自律神経も整うので腰痛以外の疾患にも有効です。
整体
整体は骨盤や背骨、手足など体全体の骨格の歪みやズレの矯正と筋肉の調整をします。整体によって身体のバランスを正常にすることで、本来もっている身体機 能を取り戻して腰が痛む原因を根本的に治します。骨盤や背骨が正常になるということは、体の外側も内側も健康になるということです。