自律神経とは

自律神経とは

自律神経とは、身体的症状やからだの不調の自覚があるにもかかわらず、検査をしても器質的に異常の見られない状態を言います。私たちの身体には、生命を維持するために生理的状態を一定に保つホメオスタシスという機能が備わっています。自律神経はこのホメオスタシスを保つために、呼吸・循環・消化・代謝・体温調節などをコントロールしています。

自律神経には「活動する神経」と「休む神経」があります。主に日中に身体を活動的に動かす交感神経と、夜やリラックス時に活性する副交感神経です。二つはシーソーのようにバランスをとっています。自律神経は生命を維持する自動制御装置なので、自分の意思ではコントロールできません。意識的に脈拍を速くしたり血圧を上げたり下げたりできませんよね。身体のあらゆる器官は交感神経と副交感神経の二重支配によって調節されています。全力で走っているところを想像してください。活動時には交感神経が優位になり、全身に血液を送り出すために心拍数はあがり、呼吸は速くなります。次は、リラックスしているときを想像してください。心拍数は落ち着き、ゆったりした呼吸になります。これが交感神経と副交感神経の働きです。自律神経はとてもデリケートなため、ストレスの影響を受けやすく、二つの神経の切り替えがうまくできなくなりやすいのです。この切り替えがうまくできない状態が自律神経失調症です。

自律神経は全身のあらゆる器官に影響を及ぼしています。よって、自律神経失調症になると人によってさまざまな症状が現れます。

症状としては・・・
めまい、ほてり、冷え、だるさ、倦怠感、微熱、不眠、眠りが浅い、眠気、起床困難、疲れやすい、力が入らない、フラフラする、立ちくらみ、発汗、震え、頭痛、ドライアイ、耳鳴り、嚥下困難、胃腸障害、動悸などがあります。