鍼灸Q&A

Q. 鍼は痛くないのですか?

A. 「はり」と聞くと「痛いのでは?」という先入観をお持ちの方が多いようです。ところが、鍼治療を経験された殆どの方が「思ったほど痛くありませんでした。むしろとても心地よい感じ」とおっしゃっいます。
鍼の長さは0.13~0.3mm程で、注射器よりもずっと細く、怖がる必要は少しもありません。

Q. 鍼灸治療でエイズや肝炎に感染することはないのですか?

A. 当院全て使い捨ての鍼(ヂスポ鍼)を使用していますので、ご心配要りません。

Q. 痛みを取る事ばかり考えて、危険な病気を見逃すことはないんですか?

A. 当院では脳脊髄症状、悪性腫瘍など鍼灸不適応患者をスクリーニングするためPTRを始めとする各種腱反射や、直腸膀胱障害、夜間痛、痛みの種類のチェックを必ず行っております。また、鍼灸不適応と推定される時は、即適切な医療機関を紹介しております。安心して御受信下さい。

Q. 「鍼灸治療は迷信の類で科学的ではない」と言う人もいますが?

A. とんでもありません!鍼灸医学は4000年以上の経験の中で選りすぐられて残った、いわば医術の宝庫のようなものです。更に、最近では大学などにおいてそのメカニズムの科学的解明も進んでおります。学会の発表では、心理的な効果を出来るだけ排除し、鍼灸治療の純粋な効果だけを発表するため、二重盲検法的な手法を取り入れております。鍼麻酔効果では既にエンドルフィンの関与が分っています。鍼灸は迷信や信仰とは関係ありません。

Q. 鍼灸は何故効くのですか?

A. 鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められております。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。また、古来より認められている鎮痛効果の解明も次ぎのような諸説があります。

  1. ゲートコントロール...針刺激が脊髄において痛みを抑制する。
  2. エンドルフィン...針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
  3. 末梢神経の遮断効果...針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
  4. 経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
  5. 血液循環の改善...筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。